• 商品ができるまで
1,革の仕入れ 2,革割り
1,牛革の仕入れ
タタミ約1枚分くらいの大きさ!牛半頭で仕入れます
2,革割り
革の厚みを均一に漉きます。後の工程で再度、部分的に手間をかけて漉く。
3,各パーツに合わせて型取り
4,抜き型にて裁断
3,各パーツに合わせて型取り
革の部位によって革のシワの伸び縮みが違うので見極めながら適切な位置を決めます。
4,抜き型にて裁断
それぞれのパーツの抜き型でひとつひとつ丁寧に裁断。工房に約1000種類以上の抜き型がございます。
5,切り終えたパーツ
6,コバ塗り
5,切り終えたパーツ
小さな商品でもたくさんのパーツから出来ています。
6,コバ塗り
革のせまい側面部分に丁寧にコバ駅を塗っていきます。この工程は商品よって磨きや切りっ放しなどに変わりそこが違うだけで雰囲気がガラリと変わります。
7,へり漉き
8,パーツを仮組み
7,へり漉き
商品の折り返し箇所などをさらに部分的に漉いていきます。
8,パーツを仮組み
各パーツを形に組み合わせていく。
ここで綺麗に揃っていないと仕上がりに影響しますので慎重に。
9,縫製
10,磨き仕上げ
9,縫製
皮革用ミシンで一針ずつていねいに縫製。
10,磨き仕上げ
コバ液を塗らない商品は綺麗にととのえ磨きあげる。
革小物